記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【頒布終了】First Bite(2016.02.14発行)

タイトル:First Bite

サイズ:A5・二段組み・30P
カップル:サガカノ
内容:R18甘め
備考:聖戦後生き返り設定

表紙:璞久哉様
firstbite11.jpg firstbite22.jpg


<詳細>
【あらすじ】ある日を境にサガとの関係が一変したカノンは、サガへの想いと兄弟の在り方について悩む。
サガが触れてくる理由に葛藤しながらも流されてしまう毎日に、なんとか答えを出そうとするが…

【本文サンプル】冒頭
 なぜ、どうしてという疑問ばかりが頭に浮かび、そのたびに快楽に掬い流される。
 ――いったい、サガはなにを考えている?
 荒れる吐息を力いっぱい噛み、この現状についてあらためて考えようとした。
 聖戦で終わったはずの命を再び与えられ、双子の兄であるサガと双児宮に住むことになった。そうだった。
 会話はない。いまさら何を話したら良いかも分からないし、生前(今も生きているのだが)してきた互いの悪行を考えると、申し訳なさが募り顔さえまともに見られない。戦いのさなかにあればさりげなく話すこともできるのかもしれないが、拍子抜けするような平和によって喧嘩をすることさえ難しい世の中になってしまっている。
 生き返ってまだ三週間たらずだが、サガを完全に回避するのに神経を使い、もう三年くらいの月日が流れたような気さえしていた。
「う……んっ、……っ、ん……!」
 波のように繰り返し込み上げる気持ち良さに、必死で結んだ唇から上擦った声が漏れる。その恥ずかしさに思わず俯くと、情けないほどの反応を見せている己の下半身と、それに絡みつく白く長い手が視界に入る。美しい五匹の蛇のようにそれぞれの指が妖艶に動き、硬く熱を持つ愚かな獲物の魂を吸い取ろうとしているようだった。
 肩ごしに見える濃紺の髪は、まぎれもない、兄のものだ。背後に白蛇の主がいる。ここまではなんとか理解できた。
 ここから先は、いくら分かろうとしても無理だった。
 アテナの罰だというのならば、いっそ安心できる。しかし、死んだ者をわざわざ生き返らせた上、双子の兄弟にこんなことをさせて愉しむ神がいたらあまりにも狂気じみていて笑えない。なにより女神アテナはそんな邪淫なお方ではないのだ。
 聖戦が終わったとはいえ、何事もなかったように兄弟の関係に戻るにはあまりにも過去がこじれすぎている。そもそも、二十八歳の一般的な兄弟の在り方すら分からない。これらの事情だけ考えても前途多難な共同生活だったが、さらに成長期からの十三年間を別々に暮らしたせいで、『兄弟』というよりは『久々に会った遠い親戚』程度の距離感になってしまっている。
 だからこそ、兄に抱くに相応しくない感情に手を焼いている。
 今までサガから行動を起こしてくることはなかった。だからこの距離に向こうも納得しているのだと思っていたんだ。それなのに、どうして――
 今、サガに抱かれて、いるのだ。

お知らせ(3/10更新)

◆自家通販は現在行っておりません。
◆次回のイベント参加予定は2019年2月10日(日)開催予定の「GALAXYμ」(大阪)です。
◆2013年に寄稿した『雨のおと、魂のこえ』という短編を全文公開しました。オフラインから見ることができます。

初めての方へ

◆サガカノ小説サイトです。
◆リンクフリーです。
◆R18部分は簡単なパス制です。

WEB拍手

←「いいね」「読んだよ」「生きろ」などの気持ちを気軽に押してください。
☆コメントの返信(3/1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当サイトのQRコード

QR

書いている人

名前:みなみ椿
サークル名:Spiral
地域:東海圏

・ライブラA型
・カプ固定(サガカノ・LCアスデフ)
・字以外は左利き

同人活動は2010年06月から開始。
オフ活動は2012年11月から開始。

昔作った動画

訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。